2018年04月07日

ヨガもいいけど、新聞もね

 こんにちは。支援員の高野です
 
 きょうは毎月第1土曜日、恒例のヨガプログラムがありました。
インストラクターはいつも元気はつらつの佐藤友見先生。きょうも数人の利用者とスタッフがおよそ一時間のプログラムで快い汗をかいていました。
 新聞.jpg

 パスセンターでは日刊紙を取っています。ヨガが体のストレッチとしたら、新聞を読むことは「心のストレッチ」ではないかと私は考えています。元新聞記者だからというのもありますが、新聞を読む習慣を身につけることも就活の一環だと思っています。
 

 SNS全盛の時代、今やガラパゴス化した情報ツールかもしれませんが、新聞にはスマホでは読めないニュースに触れられられたり、1ページから社会面まで見出しだけをざっと見るだけで世の中の全体像が分かったりとメリットはあります。速報性ではスマホやテレビにはかないませんが、興味のあるニュースを深く知るには最適な情報媒体と思っています。

 パスセンターでは、朝礼などで私がきょうの一押しのニュースを発表するのが恒例になっています。その甲斐もあってか、最近、休み時間などに新聞を読んでいる利用者を見掛けるようになりました。新聞を通じた心のストレッチが進められるよう今後も支援していきたいです。まだまだ、ヨガの佐藤先生のようには、上手にできませんが…
 
posted by パスセンター上大岡 at 17:45| Comment(0) | 日記

2018年04月06日

障害者雇用で会社が知りたい事

こんにちは。
パスセンター東戸塚の原田です。

新年度を迎え、新しい事に取り組んでみようと思いを抱いている人も多いのではないでしょうか?
障害者雇用での就職を見据えた時に、雇用する上で会社が知っておきたい事があるので紹介したいと思います。

1.配慮について
採用した○○さんに力を発揮してもらいたい。そのために会社はどんな配慮をしたら良いのだろうか?
「〜してほしい」と言われるだけだと、"障害特性"なのか、"自信がない"発言なのか、"わがまま"なのか?
●「特性です」と伝えてもらうと現場で悩むことが減る。
●「一般的な障害特性」と「私の場合の特徴」をあわせて説明してもらうとわかりやすい。
<項目例>
・発達障害の特性について
・私の特徴について

2.体調管理・ストレス対処
採用したからには、我が社で長く働き続けてほしい。無理なく、ストレスや負荷を少なく力を発揮してもらいたい。
●「通院や服薬をしているから採用しない」という事はないが、二次障害や通院・服薬している事項があれば、伝えてもらえると、勤務とシフト上の配慮や休憩時間の設定等を考えることもできる。
<項目例>
・通院、服薬状況(頻度、曜日、時間帯等)
・休憩のとり方

●ストレスや疲労のサイン、原因となること(環境、きっかけ)を予め伝えてもらうと、雇用管理者として早めに気付いて声掛けができたり、配置や担当職務(環境や仕事内容とのマッチング)を考えることができる。
●ストレス対処(趣味、好きなこと等)を持っている人だと安心する。
<項目例>
・体調、疲労面の特徴と対応策
・ストレス、疲労のサインと対処
・趣味、好きなこと、特技

3.サポート体制
採用後、つまづいた時に救いやすくするなるために、何かあった時に相談できる人はいないのかな?
生活面を支えるサポートは得られるのかな?
●「支援機関がついている、家族のサポートがある」=「自立できていない人」とは会社は見ません。
●ご本人が信頼して相談できる支援機関があると安心。
<項目例>
・サポート体制
・(採用後)相談窓口

kyousitsu.png

以上のことを意識して準備しておくと自己理解にもつながります。
伝えたいことをを日頃から整理しておきましょう。
posted by パスセンター上大岡 at 11:17| Comment(0) | 日記

2018年04月05日

就労準備講座 セカンドシーズン スタート!!

 こんにちは、随分とご無沙汰をしておりました、プラザ 親富祖です。
 
 しばらくブログをアップしない間に気がつけばもう4月なんですね〜。
 皆さま如何お過ごしですか?

 桜も見頃を終え、暑かったり、寒かったり、体調管理がとても難しい季節、
 皆さんもお気を付け下さい。

 さて、新年度が既にスタートして数日が経過しましたが、プラザ恒例の
 毎週木曜日開催中の「就労準備講座 セカンドシーズン」(ちょっと大袈裟)
が今日から始まりました。

求人票3.jpg

 昨年末から始まったこの講座、一通り選考のプロセスを終えた事から、改めて
皆さんにとって大切な最終目標のプロセスを、一歩一歩一緒に考えていける内容に
したいなと考えています。

 今日はその1回目、
「求人票を極めよう!」

というテーマでお話させて頂きました。
 やはり、就職活動をするにあたっては求人票の見方を理解する事が
 とても大切だと思います。
求人票1.png


 皆さんはどんな所で求人情報を集めていますか?ハローワーク?
それともインターネットや求人情報誌でしょうか?
求人票2.jpg

 どの媒体を使うにも、求人票の見方をしっかりと身につけておく事は、
就職活動において一歩リードできるのではないでしょうか?
 
 今後も「就労準備講座 セカンドシーズン」は皆様のリクエストに基づいて進化
し続ける内容になればと支援員一同思っています(少しオーバーでした)。
 毎週木曜日の講座、是非皆さんもご参加下さい。
posted by パスセンター上大岡 at 17:55| Comment(0) | 日記