2019年01月19日

心を無にして描けば…

こんにちは。支援員の高野です。
きょう土曜午後のイベントは美術。利用者さんたちは写生を楽しみ、ポップイラストレーションに仕上げました。

ポップ5.JPG

描いた対象はテーブルの上に置かれた洗剤製品やマフラーなどの日常品ばかり。
画材には色鉛筆やクレパスを使用しました。

一度描き始めると、皆さんの表情は真剣そのもの。目の前にある洗剤などの静物と画用紙を交互に見ながら
色鉛筆やクレパスで、カラフルに丹念に描写。ポップでかわいらしいイラストが次々と誕生しました。

ポップ3替え.jpg

参加した利用者さんにとっては、五感を研ぎ澄ませながら右脳を働かせる訓練になりました。時には心を無にする瞬間も大切では。色鉛筆と画用紙があれば、手軽にできるアートなので皆さんもぜひ、やってみてはいかがでしょうか。
posted by パスセンター上大岡 at 17:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。