2018年09月22日

実践!食養生〜おいしく食べて健康になろう〜

こんにちは!
パスセンター上大岡の松井です。

「医食同源」という言葉があるとおり、
東洋医学では食事で身体の調子を整えて、
未病のうちに身体を健康に保とうという
考え方があるそうです。

今回は、東洋医学に精通した利用者さんの企画で
「実践!食養生〜おいしく食べて健康になろう〜」
と題した調理イベントを実施しました。

地区センターの料理室をお借りし、
料理の腕に自信のある方もない方も、
和気あいあいと楽しみながら、
身体を温め、気を補う二品の料理を作りました。
夏の暑さで弱っている「脾(胃)」を強めるというコンセプトで
セレクトされたレシピです。

一品目は「きのことにんじんのスープ」。
たっぷりのにんじんと、
まいたけ、しめじ、絹豆腐と具たくさんで、
味の決め手はピリッと辛い“しょうが”です。
みなさん手際よく仕上げ、
やさしい味わいの一品に仕上がりました。

つづいて二品目は、「えびとキャベツの炒め物」。
大きなむきえびを贅沢に使用し、
キャベツと卵といっしょに炒めていきます。

各班、役割分担もスムーズで、調理の手際も良く、
予定より早く完成となりました。

rps20180922_135727.jpg


食器にもみなさんのセンスが現れ、
盛り付けもとても上手に仕上がりました!

本日は少し蒸し暑い気候でしたが、
涼しい部屋であたたか〜いスープと、
プリプリのえびをいただくのは、
格別な体験となりました。

シメには、残った材料で、えび入りチャーハンも!
「もう食べられな〜い!」という声も上がりましたが、
あまりの美味しさに、ついつい箸がすすみます。

初参加の方は、当初は緊張の面持ちでしたが
会話も弾み、最後は笑顔で帰られました。

パスセンター上大岡では、
土曜日はいつもと違う体験ができるイベントを
開催しています。
気軽に参加できるものばかりですので、
どんなイベントがあるのか、体験してみたい方は
ぜひぜひお問い合わせください♪




posted by パスセンター上大岡 at 15:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。