2018年07月31日

手打ちうどん


皆様こんにちは☆
パスセンター東戸塚 鈴木です。
先週末、台風が上陸しましたが、
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、パスセンター東戸塚では、土曜イベントとして、
手打ちうどん+いなり寿司+春雨サラダ+水まんじゅうを作りました。

手打ちうどん班、いなり寿司・春雨サラダ班・水まんじゅう班の3グループに分かれて調理開始exclamation

手打ちうどんは、支援員含め初体験ですが何とかなる!の精神で男性陣が臨みました。
寝かせた生地を交代で20分間、足で踏み込みました。
この踏み込みが、麺のコシの強さに関係するので、男性陣は必死に足踏みしてくださいました。
出来上がった生地を切る作業にも挑戦されました。
プロの方のようにトントンと手際よくいかないところもまたご愛敬です。

IMG_1938-1.jpg

IMG_1949.jpg

水まんじゅうは、前回の書道イベントでオレンジゼリーを作ってくださったお二人が今回も担当。
片栗粉が透明になるまで、弱火で練っていきました。
その後容器に入れ、あんこを入れるのですが、固まってしまうので時間との勝負。
ゼリーの時と同様、ここでも素敵な連携プレーをみせてくださいました。

IMG_1920.jpeg

IMG_1931-1.jpg


春雨サラダ班は、材料を切る・ゆでる・タレを作るを手分けして行い、洗い物も並行して行いながら無駄のない動きを披露してくださいました。
その後、水まんじゅう班の方と一緒にいなり寿司を作りました。
大葉入りと白ごま入りの2種類のいなり寿司が完成しました。

IMG_1940-1.jpg

ちょうどうどんも茹で上がり、見た目はぶかっこうでしたがプロ顔負けの、しっかりとしたコシのあるうどんの出来上がり。

IMG_1976.jpg

皆さん、お好きな薬味をたくさん乗せて、美味しい美味しいと召し上がっていました。
(ちなみに薬味の大葉は、リーダーのお庭に生えている自然かつ新鮮なもので、とても香りが良かったですぴかぴか(新しい)

IMG_1975.jpg

もちろん、いなり寿司も春雨サラダも水まんじゅうもとってもとっても美味しく、ほっこり笑顔になった一日でした。

次回はなにを作ろうかしら・・・ 
皆様お楽しみになさってくださいね手(チョキ)


posted by パスセンター上大岡 at 11:55| Comment(0) | 日記

2018年07月28日

美術の技法「デッサン」で脳も活性!?

こんにちは!
パスセンター上大岡の松井です。

ついに大型の台風が、ここ横浜を直撃中です。
こんなお天気ではありますが、大勢の方が元気に通所されました。

パスセンター上大岡では、毎週土曜日、
普段とは一味異なるイベントやプログラムを行なっています。

今回は、久々に「美術」の時間ということで、
デッサンに取り組みました。

「美術」は、ひそかに人気のプログラム。

皆さん黙々と作品制作に集中し、
静寂の中で素晴らしい作品がつぎつぎと生まれます。


今日は、なんと“トイレットペーパー”をモチーフに
鉛筆でデッサンを行ないました。


円柱形で、柔らかな紙が幾重にも重ねられているトイレットペーパー。
シンプルなモチーフですが、だからこそ表現力が問われるのかもしれません。
光と影の部分を、どのように表現するのか・・・?
技法を取り入れつつも、思い思いにスケッチブックに表現していきます。


DSCN6598.JPG

トイレットペーパーを描き終わった後、
最後は「球体」をイメージしながら
正円を描きました。


描きたいものを頭で考え、
鉛筆を持ち、手を動かして絵を描くことは、
非常に良い脳トレになるそうです。


作品が完成したあと、外のお天気とは裏腹に、
皆さんの表情はとても晴れやかでした。

posted by パスセンター上大岡 at 15:16| Comment(0) | 日記

2018年07月24日

FANCL総合研究所 見学会

こんにちは。
パスセンター東戸塚の原田です。

CIMG4604.JPG

先日、パスセンター東戸塚より徒歩10分の場所にある、FANCL総合研究所の見学会に行って来ました。
FANCLといえば、無添加化粧品やサプリメントの分野のパイオニアとして有名ですよね。

CIMG4605.JPG

今回、訪問した総合研究所は、美と健康の領域における基礎研究や基盤技術研究、応用研究や商品研究までを一貫して行う研究所です。

CIMG4608.JPG

最初の30分間は映像を見ながら企業の原点である、世の中の「不」の解消を目指し、不満を満足へ、不安を安心へ、不快を快適へと科学的な裏付けを基に独自技術を商品化している説明を受け、皆さんは真剣に受講されていました。

CIMG4616.JPG

見学通路より各研究室の装置やビーカーテストなどの様子や、無添加化粧品容器の3D試作品などを見ることができました。

CIMG4621.JPG

最後に印象的だったのは、オフィスの中心部が最上階まで筒抜けの構造になっていて、研究員同士が気軽に声を掛け合えるコミュニケーションの場として設計されている空間であると説明して頂きました。
posted by パスセンター上大岡 at 13:52| Comment(0) | 日記