2017年09月23日

音楽で秋を満喫

芸術の秋ですね。みなさん、こんにちは。パスセンター上大岡で就労支援員をしている高野です。

パスセンター上大岡では毎週金曜夕方に音楽サークルの活動をしています。
通常の訓練・学習を終えた後なので、利用者さんにとっては“放課後”に当たる時間です。音楽の「部活」と呼んでいる参加者もいます。

他の開所日の夕方は、ほとんどの利用者さんは帰宅してしまっています。オフィス内では居残ったスタッフが書類の整理などに当たり、静寂な時間が流れています。

金曜夕だけは雰囲気が一変します。スピッツの「ロビンソン」、SMAPの「夜空ノムコウ」、久保田早紀の「異邦人」・・・。おなじみのヒット曲の大合唱が事務所内に響き渡ります。

音楽

参加しているのは音楽好きのメンバー十数人。利用者さんをはじめ、既に就労などでパスセンターを“卒業”したОB・OGの顔もあります。

私は通常と同じように他のスタッフとともに机で事務処理を続けているのですが、熱唱している利用者さんの楽しげな表情をみると、こちらまでウキウキしてきます。キーボードや三線、ジャンベなど好きな楽器を歌に合わせて奏でている人もいて、とてもにぎやかなひと時です。

8月22日に横浜市の港南区民文化センターで開かれたパスセンターの文化祭のプログラムの中に合唱の演目がありました。それがきっかけになって、参加者らが音楽活動を続けようと結成されたのが、この音楽サークルです。

レパートリーもどんどん増えており、今後、どんな活動に発展していくのか楽しみです。どこかで練習成果を発表するミニコンサートなどを催す際には、このブログでもお知らせしますので、ぜひ足を運んでいただければと願います。



posted by パスセンター上大岡 at 16:56| Comment(0) | 日記